宅配だから自宅まで届けてくれる|手間の掛からない腎臓病食

お年寄り

食事の工夫で楽しい生活を

医者

腎臓病の完治は困難ですが、腎臓病食の食事療法で症状を抑える事は可能です。食事療法は継続が重要となります。家庭で作る際には、普通の料理よりも労力が必要な点に注意すると良いでしょう。腎臓病食の宅配サービスも存在しています。宅配の日、自分で作る日、というように使い分ける工夫で、コストも抑えられます。

View Detail

腎臓が悪いと血圧が上がる

お年寄り

腎臓病にかかると水分や塩分が排泄されにくくなるため、高血圧になる傾向があり、また高血圧は腎臓病を悪化させる原因になります。そのため腎臓病を治療するには、タンパク質のほかに塩分を制限することが大切です。

View Detail

おいしく食べること

食事

腎臓が悪い人の食事

腎臓が悪くなると食事にも制限がいろいろと出てきます。腎機能が悪化すると、尿にたんぱくが多くみられるようになります。そのために以前はタンパク質を多く摂取するのがいいと言われていましたが、今はその逆でたんぱくは控えたほうがいいということがわかっています。タンパク質を多く含むものは肉や魚、卵や牛乳など、おかずのメインとなるようなものです。これらを日常生活の食事から減らすと、メインが少なくなるので食事に不満が出てきて楽しくないという人もいます。しかし食事はおいしく食べるのが基本です。腎臓病食の宅配サービスもあります。これらは腎臓病の人にふさわしい食事内容でおいしく作られていて満足する内容になっています。

考えなくても済む

普段の料理で塩分を控えめにする食事を作るのは比較的簡単にできるのではないでしょうか。しかしタンパク質を減らすメニューを作るのはなかなか難しいものです。タンパク質は、食品によっても多く含まれるものとそうでないものがあります。例えば鶏肉ならモモ肉よりもムネ肉のほうがタンパク質を多く含み、ごはんよりもパンやパスタなど小麦製品のほうがタンパク質は多くなります。宅配の腎臓病食なら、いちいちタンパク質がこれはどれくらい含まれているのかと考える必要がありません。腎臓病食を食べていくうちに、どれくらいのタンパク質が自分にはふさわしいのかということもわかってくるので、外食の際などにも役立つことでしょう。宅配のメリットはレンジで簡単に調理できることです。そして味付けや見た目にも工夫しおいしく作られていることです。忙しい人や料理が苦手な人は宅配の腎臓病食を利用してみる価値は十分あるでしょう。

腎臓と塩を考える

家族

腎臓病になると高血圧になる原因としては、尿が作られにくくなることが挙げられます。塩分は血液量を増やし高血圧を誘因します。減塩するにあたっては、まず一日あたりの塩分摂取量を知る必要性が出てきます。減塩をするときには、香辛料や減塩商品を使うといいでしょう。

View Detail