タブレットposを導入するための必要な情報とは?

ますます便利になる

レジでのお会計も、今では専用の機器を使って自分で出来るセルフレジが広く浸透しています。そしてタブレットposもそうでしょう。

高評価のタブレットposの特徴

多機能でしかも低価格

各店舗で使えるよう、様々な機能を搭載したタブレットposです。より使いやすいよう、お店のタイプによって自由にカスタマイズが可能です。

お得に導入できる

タブレットposと連動しているオーダーシステムで、スムーズに業務をこなすことができます。さらに、導入価格が安いので開業の初期費用を抑えたい方に向いています。補助金を賢く利用すれば、最大30万円~40万円まで受けられます。サポートばっちりなので、今からお店を開きたい方の助けになります。

スマートなデザインが最大の売り

難しい操作は一切なく、直感で操作できるのが魅力です。マニュアル要らずなので、指導の時間を設ける必要はありません。簡単で覚えやすいので外国人の方も自由に操ることができます。

タブレットposを導入するための必要な情報とは?

タブレットレジ

実際に使っている人の評価とは

従来のレジに慣れている場合、タブレットposは一見扱いづらそうというイメージがあります。しかし、実際に使ってみた方のほとんどが操作がしやすく、画面表示が見やすいとの声を頂いています。また、導入の段階から、レシートが出てくる場所やカウンターテーブルのサイズや高さ調整ができるので、試行錯誤をすればもっと使いやすくなります。こうした声は、後に導入する人のいい参考になります。

導入の流れをチェックしよう

web、または電話で導入したい旨を伝えます。商談をした後、実際に見積もりをとり、検討します。同意した場合は、メニューや詳しい情報が書かれたシートを提出し、設定と設置を行ないます。利用開始後も業者の方が、使い方や不具合についてサポートをするので安心して利用することができます。

周辺機器をそろえる

タブレットレジ本体はもちろん、オーダーを取る際に必要となる端末も準備が必要です。クラウドサーバーを使う場合は、ルーターが不可欠でしょう。他にも、レシートプリンタ、キャッシュドロア、プリンタなども欠かせません。

役立つ機能ランキング

no.1

お会計機能

本来なら、レジまで行ってお会計を済ませますが、タブレットposの場合持ち運びができるので、テーブル席からそのままお会計をすることが可能です。領収書発行も容易でしょう。

no.2

売り上げを集計する機能

売り上げ状況を24時間単位でチェックできる他、それらの情報を離れた場所からリアルタイムで収集できるので、売り上げ集計管理もラクチンです。また、売り上げ実績を自動的に分析する機能では、最も売り上げ数が多い商品やメニューを算出することが可能です。これらの情報を元により売り上げを高くする秘策を練ることができるでしょう。

no.3

日本以外の国の言葉で操作ができる

インドカレー屋さんや外国人が多数いるお店の場合は、その国に対応したタブレットposが広く使用されています。日本語ができないスタッフもいるので、レジ指導に苦戦する可能性もあるでしょう。それを考えたら外国語に対応しているタブレットposはなくてはならない存在です。

no.4

予約台帳が使える

予約管理が簡単にできるオプション機能も飲食店から非常に人気があります。予約状況は、手元にあるタブレットで一元管理が可能です。すぐさま取り出してチェックしたり、情報修正や予約日の変更も、オプション機能一つで完了します。

no.5

出社退勤ができる勤怠システム

スタッフの出勤打刻はタブレットposでラクラクできます。さらに、シフト作成や出勤状況のチェックも同じ端末でできます。スマートフォンがあれば外出先で確認ができるでしょう。従業員の安否確認の際に役立ちそうです。

広告募集中